>

確認する際のポイントとは

頻繁にメンテナンスをする

ずっと放置して、観葉植物を育てることはできません。
生きている植物なので、こまめに水をやったり肥料を与えたりするなどのメンテナンスが必要です。
しかしオフィスではみんなが自分の仕事に取り掛かっているので、メンテナンスをするのは難しいでしょう。
そこでメンテナンスを、業者のスタッフがしてくれるのかチェックしてください。

メンテナンスの頻度や、いつオフィスに来るのかも話し合ってください。
1か月に1回のペースでは、メンテナンスが足りません。
それでは業者のスタッフに任せる意味がないので、1週間に1回など短いペースで来てくれる業者がおすすめです。
そして、オフィスに誰かがいるタイミングでメンテナンスに来るよう依頼しましょう。

枯れてしまった場合

残念ですが、観葉植物が枯れたり弱ったりしてしまうかもしれません。
枯れている植物がオフィスに合っても癒しの効果を生み出せませんし、見ているのが辛くなります。
そうなった場合は、元気な観葉植物に交換してもらいましょう。
しかしその時料金が発生する業者が存在するので、事前の確認が必要です。

こちらに非がなく観葉植物が枯れた場合は、無料で交換してくれる業者が良いですね。
また枯れることを恐れている人は、比較的丈夫な観葉植物を選択するのがおすすめです。
豊富な観葉植物を扱っている業者だと、こちらの希望に一致する種類を選択できるでしょう。
植物に詳しくない人は大きさや、丈夫であることなどの条件を業者にリクエストしてください。


この記事をシェアする